須山浅間神社

須山浅間神社

須山口は1707年の宝永大噴火で甚大な被害を被り、一部ルートの変更を余儀なくされ、完全に復興するに至ったのは1780年のことであった。登山道や周辺の宗教施設も須山浅間神社が管理を行っていた。現在の社殿は1823年に再建されたものである。社伝では神代に創建されたと伝わるが、遅くても1524年には存在していたことが確認されている。


大きな地図で見る


ページのトップへ


海抜0mから富士登山
宝永山トレッキング
構成資産とは?