大宮・村山口登山道

大宮・村山口登山道

大宮町を起点とし、村山を経て山頂に向かうことから大宮・村山口登山道と呼ばれる。1906年(明治39年)に新大宮口が拓かれるまで用いられていた。
歴史的には村山口・大宮口の両方が称されてきた事実がある
吉原宿から村山へ向かう道者が多かったことから、その経路に「村山道」や「むら山道」と記された石碑が確認されている。


ページのトップへ


海抜0mから富士登山
宝永山トレッキング
構成資産とは?