(B)富士山麓 芝川から山間地の有機農業を全国へ発信

『農業をビジネスにする』
<ビオファームまつき 代表取締役 松木一浩>

(B)富士山麓 芝川から山間地の有機農業を全国へ発信

松木一浩 1962年 長崎生まれ
ホテル学校卒業後 ホテル、レストランサービスの世界へ

主にフランス料理サービスを担当、90年渡仏しパリのにニッコー・ド・パリに勤務。
帰国後、銀座のフランス料理支配人を経て、恵比寿の「タイユヴァン・ロブション」の第一給仕長を務める。 99年、有機農業の道に進むことを決意し栃木県での農業業研修後、静岡県芝川町(現在富士宮市)に移住。 現在4ヘクタールの野菜畑を有機栽培している。 07年、富士宮市に野菜惣菜店「ビオデリ」をオープン、09年には「ビオフィ-ルド1,000プロジェクト」として畑の中のレストラン「ビオス」をオープン。

著書「ビオファームまつきの野菜レシピ図鑑」(学研)、「人気シェフの本格パスタ113」(日東書院)、「ビオスのテーブルから」(東京地図出版)
「ビオファームまつきの野菜塾」(角川SSC)、「農はショーバイ!」(アールズ出版)、「畑から届いた採れたてレシピ」(学研)、「ビオファームまつきの旬のおいしい野菜レシピ」(静岡新聞社)がある。


ページのトップへ


海抜0mから富士登山
宝永山トレッキング
構成資産とは?