西臼塚からスタート。
ガイドの西川さんは法螺貝修行の練習をしながら、2合目(1300m)からの登山です。
法螺貝修行
 
江戸時代から登られていた「村山古道」を登って行きました。道路の脇の林に入っていくようですが、ここが登山道入り口。
  
江戸時代から登られていた「村山古道」

村山古道口から登ってしばらく行くと、一面苔の世界!

苔の世界
 
もちろん登り坂ですが、林の中はとても気持ちがよかったです。途中、雨にも降られましたが、林の中だったので雨もしのげました。
熊笹の林。本来ならば熊笹が青々と茂っているはずなのですが、何年かに一度枯れ期的なものがあるようです。  熊笹の林。 葉の形がコウモリが羽根を広げたように見えるところから 「コウモリソウ」というそうです。 コウモリソウ 雨が上がって、たくさんのアサギマダラ蝶が舞ってい、まさに楽園♪ アサギマダラ蝶 晴れの富士登山 西川さん 西川さん
大倒木帯って、こういうことだったのかA^^;)大きなリュックを背負って、行く手を阻む倒木を登ったりくぐったりの上り坂は、アドベンチャー気分でした。もう・・・笑うしかない。 大倒木帯 大倒木帯
あたり一面のコケモモ。少しだけ実が赤くなり始めていました。(8月下旬) コケモモ
 
富士山2合目海抜1300mから、新6合目2493mの宝永山荘まで5時間かけて、ゆっくり上ってきました。いろいろな景色が楽しかった~。
  コケモモ この宙に浮いたベンチ・・・座るにはちょっと勇気が必要でした。 このあたりが「森林限界」。ここから先に樹木は生息しません。 この宙に浮いたベンチ・・・座るにはちょっと勇気が必要でした。 このあたりが「森林限界」。ここから先に樹木は生息しません。 6合目宝永山荘から仰ぐ富士山頂は絶景。 6合目宝永山荘から仰ぐ富士山頂
宝永山荘から、一面の雲海。でも、少し時間が経ったら下界が見えてきました。刻一と変わる景色を堪能! 一面の雲海 一面の雲海 深夜の富士山頂アタックに備えての夕食は、やっぱりカレー。レトルトではない手作りカレーがおいしかった。(宝永山荘) 富士山カレー 富士山カレー 新六合目宝永山荘より。だんだん日が暮れてきて、雲の合間から自衛隊の照明弾が見えました。 新六合目宝永山荘 日も暮れて、宝永山荘から富士市方面。きれいな夜景が見れました。 宝永山荘から富士市方面。きれいな夜景 そして一夜明け、美しい朝焼け。宝永山の脇から、ご来光も見えました。 もう言葉はいりません。 宝永山荘から富士市方面。きれいな朝焼け 宝永山荘からご来光
こちらを皇太子殿下がここをお登りになり8合目まで行かれた 通称「プリンスルート」です。  プリンスルート。  プリンスルート。 宝永山登頂ヽ(^o^)丿2600m 宝永山トレッキング大成功!! 宝永山登頂


2013年8月19日
Last day of climbing Mount Fuji
 海抜0メートルから富士山頂までの村山古道巡礼(修行)徒歩登山3日目、快晴。
頂上目指す最終日を迎えました。快晴で混雑なし!


9合5勺、いよいよ山頂にアタックです!


 海抜0メートルから富士山頂までの村山古道巡礼(修行)徒歩登山3日目、

ようやく山頂3776メートル到達しました!!!
感動モノの絶景です!

1日目10時間 22キロ / 1day 10hr  22km
2日目14時間 15キロ
 / 2day 14hr  15km
3日目09時間 10キロ
 / 3day 09hr  10km

頑張りすぎました。


2013年8月19日
Second day of climbing Mount Fuji
海抜0メートルから富士山頂までの村山古道巡礼(修行)徒歩登山2日目、朝4時30分から山中を歩き続けてます。

眠い(-_-)zzz

5合目が近くなると蝶が舞う花畑の中を歩いてます。段々勾配がきつくなってきました。

14時間歩いて、ようやく6合目の宝永山荘に着きました!



明日は山頂にアタック、また4時30分出発です。

  
2013年8月13日

海抜0メートルから富士山頂までの村山古道巡礼(修行)徒歩登山、

 ひたすら歩きます。

途中、富士市内の富士市大淵「次郎長地区」の皆さんから熱烈接待を頂きました。
疲れた身体&心に嬉しいおもてなしです!


2013年8月18日
First day of climbing Mount Fuji!!

富士市ホテル旅館組合の新ウェブサイト「日本一富士山がきれいにみえるまち」立ち上げを記念して、海抜0メートルから富士山頂まで、徒歩で登ります!

吉原の海岸で禊ぎを済ませスタート!!
こちらで「海抜0メートルからの富士登山」を実際に体験した様子を綴らせていただきます。
海抜0mから富士登山
宝永山トレッキング
構成資産とは?